インプラント治療の際には

インプラント治療前に

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

治療後についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » インプラント治療の際には

新着情報

奥歯をインプラント治療すると

奥歯は歯磨きが届きにくい部分でもあるため、虫歯になりやすく、そのせいで歯を失った方は珍しくありません。奥歯が使えなければ、まともにモノを噛むことが出来なくなるので、そんなときにはインプラント治療を行うようにしたいですね。この治療を行えば、限りなく永久歯に近い歯を再び手に入れることが出来るので、また昔のように固いものを思いっきり噛める生活に戻ることが出来ます。医師の高い技術が必要なので、クリニックを選ぶ際は、インターネットを使って口コミの評判を調べるなどしてから、インプラントの治療してもらうようにしましょう。

納得の行くまで説明を受けよう

虫歯や歯周病事故などで失ってしまった歯を、人工的なチタン製の歯根に代えてあごの骨に直接埋め込み、、その上に人工の歯を固定します。このような治療を行うことで失ってしまった歯を、自分自身の歯と変わらず機能を回復することができます。特に奥歯を治療する場合は、かむ力が大きく加わるのでインプラント治療が有効ですが、上あごに治療を施す場合、上顎洞と呼ばれる骨の空洞があったり下あごの場合は神経が走行している下顎管という組織があるので骨が少ない場合には、その治療も行わなければならない場合もあります。また、長時間口を開け続けることに疲れ、辛く感じることがあります。インプラントの治療を受ける際には、色々な場合を想定して納得のいくまで説明を受ける事が大事です。

© Copyright インプラントのデメリット. All rights reserved.