インプラントのデメリット

インプラントで周囲炎

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

治療後についての情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

進行が早いインプラントの炎症

インプラントには、普通の歯と同じように歯垢が付着します。そして、普通の歯で言う歯肉炎と同様に炎症が発生することがあります。まず第一段階は周囲口腔粘膜に限定した発症で、この時点では歯ブラシなどを使って歯垢を除去すれば治すことも可能です。しかし、この状態を放っておくと感染が進行し、周囲の骨までが喪失してしまいます。さらに、症状が進むと、炎症が骨髄にまで波及することもあります。インプラントの周りは天然の歯に比べて防御機能が落ちているため、病状が急速に進行します。初期症状が現れたらすぐに病院に行くなどして治療することが必要です。

治療後の周囲炎について

歯のインプラントにはたくさんのメリットがある一方で、デメリットもあります。その中の一つに、炎症を起こしてしまうという危険性があげられます。周囲炎というものです。これは、手術をした後のアフターケアをしっかりしていれば基本的には心配する必要はありません。しかし、手術を受ける人というのは、もともとケアができていなかった人も多く、アフターケアがずさんになるというケースも少なくないです。そして、炎症を起こしてしまうのです。インプラントには、メリットがあるということは事実ですが、こういったデメリットがあるということも考慮しなければなりません。

© Copyright インプラントのデメリット. All rights reserved.